ミキティー元気いっぱいSEXY画像&動画

20070624_167668

安藤美姫 SEXY画像

安藤美姫 SEXY画像

安藤美姫 SEXY画像

安藤美姫 SEXY画像

安藤美姫SEXY乳首ポッチリ映像/ミキティーの豊満なおっぱい映像集です一生懸命練習するミキティーですがどうもおっぱいの“ポッチリ”が気になって仕方ありません。

70b6f90220060603_179534Ando_miki_00588c093a194fc95p

おっぱいポッチリ映像はこちら>>

20080321k0000e050055000p_size5 安藤、涙止まらず「ごめんなさい」

 フィギュアスケートの世界選手権第3日の20日、安藤美姫の2連覇への挑戦は、途中棄権で終わった。午前中の公式練習前のアップ中、ジャンプした際に左足ふくらはぎを肉離れ。本番に臨んだものの、最初の3回転ルッツがステップアウトし、続く3回転サルコウで転倒。1分余りで演技をやめてジャッジ席に向かい、泣きながら棄権を申し出た。

 日本チームの阿部鉄雄チームリーダーによると、ニコライ・モロゾフ・コーチから欠場の申し出があり、棄権の手続きを進めた。ところが、棄権を申請する書類への署名を安藤が拒み、本番直前の6分間練習で判断することになったという。

 安藤は「ハードな練習をしてきたつもりだったし、日本で応援してくれる人もいる。感謝の気持ちを滑りたかった」と強行出場した理由を説明した。「けがも多いし、スケーターとしてどうしていけばいいか考えたい。本当にごめんなさい」と涙が止まらなかった。

【安藤美姫】~ 肉離れ途中棄権で涙

インタビュー映像はこちら>>

Andou0003 安藤美姫に圧し掛かる重圧とプレッシャー

史上初女子での4回転ジャンプを決めマスコミ、世間の注目を集めた安藤美姫。実力が発揮出来ない、怪我続き、精神不安で「氷の妖精」の笑顔は次第に消えていった。

思えば、トリノ五輪開幕前、書店の雑誌コーナーを賑わしていたのは、安藤を表紙にした無数のスポーツ誌・テレビ情報誌だった。だが、いざ蓋を開けてみると、女子フィギュアに関しては、周知の通り荒川静香が日本人(というかアジア人)初の金メダルを獲得するという快挙を成し遂げ、一方の安藤は15位止まりという結果。3月に刊行された上記の雑誌の表紙は、もちろん荒川選手一色。

トリノオリンピックで、安藤が他の二人の日本代表選手より上位に入賞するなどとは間違っても考えなかった。シーズンの成績などを参照すれば、安藤と荒川のレベルの差は歴然であった。しかし、オリンピックのプレ特集号においては、荒川でなく安藤を前面に押し出さざるを得ない状況がそこにはありました。すなわち、雑誌の部数が出せない。
トリノオリンピックにおいて、日本のマスコミの日本人選手に対する期待値があれほど高かったのはなぜか?業界内部の人間ならば暗黙の了解にしていたこと、日本の獲得できるメダル数など、せいぜい一個か二個あれば御の字という状況でした。だが、そのような現実を公にしてしまうと、テレビは視聴率を取れないし雑誌は売れない。だから実際以上に視聴者あるいは読者を煽動する必要があった。参加することに意義がある、というスローガンは確かに美しいが、それではお金は動かない。

 安藤美姫は、そうした貪欲なマスコミとって、格好の客寄せパンダであった。無論、選手の資質として、周囲の注目を集めることによって、実力以上の力をひき出すことの出来るタイプの才能は、確かに存在する。だが、今の安藤選手の姿を見れば、一連の報道のあり方が、彼女にとって少なくとも追い風になっていなかったことだけは確実。
重要なのは、一選手のみを特別扱いすることへの是非ではない。表層と内実が一致していないことが問題なのだ。さらに、そうしたメディアと、その背後に存在するスポンサー、加えて煽動に容易に踊らされてしまう視聴者や読者が、無意識的にあるいは確信的に、彼女たち選手の才能を殺している可能性はありすぎる。

| | トラックバック (0)